乳首のマッサージはいつから行うとよいか。やり方のポイントと注意点

母乳育児を目指すママにとって、
妊娠中から行いたいことの一つに
乳首マッサージがあります。

乳首マッサージは妊娠中期から始められますが、
体調に異変があるときは中止しましょう。

乳頭マッサージを行う理由は授乳をスムーズに行うため


出産をすると自然とおっぱいが
出て赤ちゃんはスムーズに授乳ができると
考える方はいるかもしれません。

ですが実際に母乳育児を実践すると、
思ったよりうまく授乳ができないことは
多いものです。

乳首マッサージを行っておくと
比較的授乳がスムーズに行えるようになるのです。

乳首がやわらかくなり赤ちゃんは母乳を吸いやすくなる

乳首の形は人によりそれぞれです。
哺乳瓶の乳首のように形が整い乳頭が
出ている方もいますが、
乳頭部分が陥没している方や扁平な方も
少なくありません。

また、哺乳瓶の乳首にくらべると
人の乳首は硬くなっています。

この状態では生まれたばかりの
赤ちゃんはおっぱいが吸いにくく
上手に飲むことができません。

赤ちゃんが吸いやすく柔らかい状態に
ほぐしておくことでスムーズな授乳が行えます。

乳首が傷むことを防げる

ママの乳首はデリケートでちょっとした
刺激に過敏な部分です。

外からの刺激に弱く、
損傷を起こしやすい部分でもあります。

赤ちゃんがおっぱいを吸う力は
想像以上に強いため、中には
授乳により乳首が裂けるなど
傷んでしまうトラブルを抱えるママがいます。

乳首マッサージを行うことで刺激に強くなり、
乳首の皮膚自体を強くすることができます。

結果として授乳時に起こりやすい乳首が傷む、
裂けるといったトラブルを防ぐ効果があるのです。

乳首のつまりに気づきケアする機会が増える

妊娠が進むと乳腺が発達し、
乳汁が作られるようになります。

赤ちゃんが生まれる前からママの
おっぱいの中では母乳を作る準備が始まり、
乳首に送られてくるのです。

妊娠中に乳首から黄色っぽい
分泌物がにじみ出てくることがありますが、
これが乳汁です。

授乳が始まっていないため、
乳汁がカスのように詰まってしまうことが
あります。
乳首マッサージを行うことで
乳汁の詰まりは発見しやすくなり、
お手入れする機会も増えるでしょう。

乳首マッサージは妊娠中からもできるが時期に注意

赤ちゃんが生まれて
すぐに飲む母乳を「初乳」といいます。

最初はごく少量の母乳となりますが、
このときにはすでに授乳ができるよう
準備ができていると良いでしょう。

もちろん、ママも赤ちゃんも
初めての授乳なので初めから
スムーズには行えませんが、
できる限りの準備をしておきたいのが
ママの気持ちでしょう。

産後すぐの授乳に備え、
乳首マッサージは妊娠中から
行うよう指導されることは多いのです。

一般的には妊娠中期から始めるとよい


妊娠中のママの体はデリケートです。
様々な刺激により体調を崩して
しまうことがあります。

妊娠中は普段とは分泌される
ホルモンや分泌されるバランスが
異なるためで、ママの体調だけではなく、
子宮が収縮するなどお腹の赤ちゃんへも
影響することがあります。

乳首マッサージは妊娠中期くらいから
始めるとよいとされますが、妊婦さん
それぞれの体調によっても異なるため、
産婦人科医や助産師に相談をして始めるとよいでしょう。

お腹が張ったり体調が悪くなったりしたときはお休みしよう


乳首マッサージを行うことで
お腹が張ったり体調が悪くなったりした場合は、
無理にマッサージを続けずにお休みすることも大切です。

特にお腹が張った場合は
お腹の赤ちゃんへの影響が心配です。

張りが強い場合や続く場合は、
念のため医師に相談をするとよいでしょう。

乳首マッサージやり方とコツ

乳首マッサージの最初は
痛みを感じるかもしれませんが、
慣れてくると痛みは減ります。

強い痛みを感じた場合は
無理をせずに気楽に行うようにしましょう。

マッサージを行うときにはオイルを用意すると安心

乳首は刺激に敏感な部分なので、
マッサージを行うときには
オイルを用意すると安心です。

スウィートアーモンドオイルや
ホホバオイル、カレンデュラオイルなど
低刺激性の植物性オイルを使用します。

マッサージを行う前にコットンに
オイルをしみこませたものを用意しておきましょう。

入浴後は皮膚がやわらかく血行もよいのでおすすめ

マッサージを行うタイミングは、
一日の中で入浴後に行うとよいでしょう。

乳汁の詰まりが気になるときには、
入浴前に植物性オイルをしみこませたコットンで
乳首パックを行い詰まった乳汁をふやかしておき、
入浴中に優しく拭って洗い流しておきます。

マッサージ前にも乳輪全体を覆うように
パックをしておくとマッサージ中の刺激で
乳首や乳輪が傷むのを防げます。

乳首マッサージの一般的なやり方とコツ


片方の手でおっぱいを支えて、
空いているほうの手の親指、
人差し指、中指を使って乳輪から
乳頭を優しくつまみます。

勢いよくつままず、ゆっくりとむらなく全体を
圧迫していきましょう。

圧迫は1回3秒程度で、
乳頭が硬い場合は5~10秒ほどやさしく圧迫します。

刺激を強く感じる方も、
優しく長めに圧迫するとよいでしょう。

片方のおっぱいで1分程度、
長く優しく圧迫する場合でも2~3分を目安にします。

続いて乳輪全体と乳首をつまみ「こより」を
作るような感覚で横方向と縦方向にもみずらします、

痛みを感じるかもしれないため、
最初はゆっくりと行いますが、
慣れてきたら十分にもみほぐします。

圧迫するマッサージで痛みを感じるときには、
無理にもみほぐさずに少しずつ行っていきましょう。

マッサージは乳首だけではなく
乳輪全体も行うとよいでしょう。

授乳が始まると分かりますが、
赤ちゃんは乳首ではなく乳輪全体を口に
くわえ母乳を吸います。

乳輪のマッサージを行っておくことで、
赤ちゃんの吸う力で起こるトラブルが防げるのです。

授乳前にもマッサージを行うのがおすすめ

乳首マッサージは妊娠中だけではなく
授乳が始まってからも継続的におこなうと
トラブル回避になります。

特に赤ちゃんが成長するとより
吸う力は強くなるため、乳首の裂傷に悩むママは多くいます。

ママも赤ちゃんもスムーズな授乳ができるよう、
しっかりとケアしておくとよいでしょう。