「ママの共感多数!」ママ界に現れたエンターテイナー、バブリーたまみさんとは?

90年代のバブル時代を彷彿させる格好で
2018年にママ界に現れたエンターテイナー
バブリーたまみさんをご存知でしょうか。

『ママの笑顔がいちばん』をテーマに
精力的に活動されています。
開催されるイベントではいつも満員御礼の大盛況!

そんなバブリーたまみさんが
なぜ生まれたのか、そして共感をうんで
愛される理由をご紹介していきたいと思います。

バブリーたまみさんとは

もともとは結婚式の余興でバブル期の流行った格好をして
ダンスを披露したことがきっかけだとか。
それが動画にアップされると注目されるようになり、
子育て支援施設から声がかかり、
次々と親子イベントに呼ばれるようになられたようです。

その時の披露したダンスの動画こちら

キレっキレのダンスに、この盛り上がり
何よりこれを大勢の前で一人余興でやることが
エンターテイナーの片鱗がすでに現れてますね!

ママ界のエンターテイナーとしてブレイク

ただ、バブリーな格好でキレキレダンスを披露しただけでは
ママたちの共感を大きく得ることはないと思います。

それはバブリーたまみ(ここより以下バブたまさん)さん自身も
絶賛子育て中のママさんだからなのです。

2020年5月現在3才の男の子(バブ太くん)を育てられており
またこの夏には第二子も出産予定です。

『ママの笑顔がいちばん』をテーマをしているのも

バブたまさん自信が産後2日目にして、
お子さんに目を向けられなくなる。
冷や汗が止まらなくなる。
など「産後うつ」と診断されたとのことです。

それは、自分自身の環境の部分も大きかったようです。

保育園にお子さんを預けるようになって「距離」を
取れるようになった頃から気持ちが楽になったとのことです。

「弱さを認めることこそ強さかもしれない」

バブたまの「中の人」箕輪珠美さんも「バブリーたまみ」という
違う自分になることで「弱さを認めることこそ強さかもしれない」と
自分に向き会えるようになったということです。

そして
夫にあったたこと
片付かない部屋
手抜きをしていること
などなど、ママさんたちならあるある的な
見せたくはない姿を公開することで

「完璧でなくてもいい」
という姿が共感を読び
昨年の6月にはCDデビューをするまでに!

そのデビュー曲は「ママの笑顔がいちばん」

ママさんなら一度は自分に子供に対して感じてしまったや
子育てに疲れてしまった人たちに響く内容になっています!

自分だけじゃあない
自分を責める必要なんてない。
完璧である必要も要らないということを
身を持って教えてくれることでしょう。

バブたまさんをもっと知ろう


バブたまさんはいろいろなSNSを通じて
ママさんの笑顔を笑いと元気を届けてくれています。
是非子育てに疲れてしまったママさんたちにもっと広がって欲しいです!

公式ホームページ
バブリーたまみ公式ホームページ

Youtube動画
バブリーたまみYoutubeチャンネル

Instagram
バブリーたまみInstagramアカウント

活動ライブ配信の投げ銭箱
【投げ銭箱】バブたま活動ライブ配信投げ銭箱

参考:「手を抜いて子育て」バブリーたまみにコロナ禍ママ共感
参考:ママ界エンターテイナーバブリーたまみオフィシャルブログ
画像参考:BUBBLY TAMAMI