赤ちゃんのしゃっくりの原因は?正しい対処法も。

新生児のしゃっくりは何故起こるのか

赤ちゃんは頻回にしゃっくりをします。
新生児の場合は特にです。

しゃっくりは胸部と腹部を隔てる
横隔膜のけいれんによって発生します。

赤ちゃんは全身の発達が未熟で、
ほんの些細なきっかけでしゃっくりが
起きてしまいます。

しゃっくりを引き起こす原因については
はっきりと言い切ることはできませんが、
以下のような場合に多いです。

ミルクを飲んだ場合


ミルクを飲んだときの刺激で
しゃっくりが起こります。

赤ちゃんはまだ上手に飲み込みが出来ず、
ミルクと一緒に空気まで飲み込んでしまいます。

そうすると飲み込んだ空気で
胃が膨らみ横隔膜を刺激して
しゃっくりを引き起こします。

しゃっくりの原因として最も多い理由です。

体温が下がった場合

体温の低下によりしゃっくりが
出ている場合があります。

新生児は体温調節機能が未発達なため、
こちらが調節してあげる必要があります。

外出した際に一気に体温が
下がることもあります。

特に室内で汗をかいていると、
外の空気に触れたときにより熱を
奪われる場合があります。

しゃっくりが急激な体温の
変化のサインになっている
場合もあるので、
衣服や皮膚の状態などをチェックしましょう。

おむつが汚れている場合

体温が下がる要因として、
衣服や環境だけでなくオムツが
汚れている可能性があります。

オムツがおしっこやうんちで汚れると、
下半身が濡れて全身の体温が下がってしまいます。
オムツが汚れていることに気づいたら
早めに交換してあげましょう。

新生児のしゃっくりの対処法

しゃっくりは自然現象ですから
無理に止める必要はありません。

しかし、小さな体でしゃっくりを
している姿を見ると「しんどくないのかな」と
心配になってくるものです。

しゃっくりが落ち着くのを促す対処法もいくつかあります。

げっぷをさせてあげる

げっぷを促すことも
対処法のひとつです。

授乳後にげっぷをする習慣を
つけてあげると、日にちあたりの
しゃっくりの回数も減ってきます。

抱っこしたまま背中を
とんとんと優しくたたき
げっぷを促してあげることによって、
体に溜まっていた空気が外に出て行きます。

これによって胃のふくらみを
抑え横隔膜への刺激が少なくなります。

かといって無理にげっぷを
促す必要はありません。

治まらないからといって
激しく背中を叩いたりすると
かえってそれが刺激となって
しゃっくりを引き起こす場合もあります。

ミルクを飲んだ後のしゃっくりは
特に生理的に自然なことですので、
しだいに収まる場合がほとんどです。

見守ってあげましょう。
授乳後でなくても、背中をトントンとさすり、
げっぷを促す行為は、血行を促進するため
しゃっくりを落ち着かせるのに有効です。

ミルクを飲ませる

矛盾するようですがあえて
ミルクを飲むとしゃっくりが
落ち着く場合があります。

大人がしゃっくりをしたときに
水を飲むような感覚です。

けいれんしている横隔膜を
内側から落ち着かせる方法です。

哺乳瓶の場合、45℃程度の適正な角度で
飲ませてあげると空気の飲み込みを
最小限に減らしてあげることができます。

ミルクが用意できない場合、白湯などでも代替えできます。

体温を調節する


衣服や室温をチェックし
適宜調節してあげましょう。

外出の際は予備の上着や
ブランケットを持っていくと
いざという時に安心です。

オムツが汚れていないか確認し、
必要があれば交換しましょう。

自宅であれば沐浴などをして
全身を温めてあげることで体温が上がり、
しゃっくりが落ち着くこともあります。

大泣き


大泣きした後はしゃっくりが治まります。
もちろん大泣きさせる必要性はありません。
つまりは勝手に治まるということです。

やってはいけないこと


しゃっくりを落ち着かせようと思って、
驚かせたり、耳を引っ張ったり大人と
同じような方法で止めようとしてはいけません。

大人にとっては有効でも
赤ちゃんには刺激が強すぎます。

ミルクや白湯も、飲んだら落ち着くから
といって一気に量に飲ませてしまうと
吐き戻しに繋がったりしてしまいます。

本人のペースに合わせて飲ませてあげましょう。

特にしゃっくりを止めるためにしがちなことで
一番危険なのがうつ伏せに寝かせることです。

新生児は寝返りができないですし、
寝返りができるようになってからでも
しない方がいいです。

うつぶせのまま放置されると、
気道がふさがれ乳幼児突然死症候群に
繋がる場合があるからです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、
これまでに目立った病気もなく
健康に過ごしていたはずの赤ちゃんが、
眠っている間に突然死んでしまう病気です。

この要因のひとつがうつぶせ寝ではないかと
いう意見がでています。

うつぶせ寝にすることは
しゃっくりを止める止めないに関係なく、
とても危険な行為です。

しゃっくりを無理に止める必要性はありません。

注意するべきしゃっくり

しゃっくりを無理に
止める必要性はありませんが、
しゃっくりが危険な状態のサインに
なっている場合があります。

普段のしゃっくりであれば
さほど気にする必要性はありませんが、
涎が出ている場合や、嘔吐が伴う場合、
それから発熱している場合には注意が必要です。

嘔吐を伴った場合は、
吐瀉物で窒息してしまう
恐れがありますから
体勢を横向きにして
見守ってあげてください。

あるいはしゃっくりが
2時間以上も止まらない場合もです。

しゃっくりがあまりに長く続く場合は、
皮膚に異常が無いかや呼吸が荒くないかなども確認しましょう。

アレルギーによる炎症反応や、
逆流性食道炎などの病気に罹患している可能性があります。
速やかに小児科医を頼りましょう。

しゃっくりは自然現象

しゃっくりが病気のサインに
なることもありますが、
普段のしゃっくりをそこまで
神経質に注意する必要性はありません。

大人と一緒で自然現象であり、
新生児の場合、体が未発達で特に
過敏にしゃっくりをしてしまうというだけです。

大概は自然に治まります。
大人が思うより子供はしゃっくりを
することに苦痛を感じていないんです。

ですから無理矢理止める必要性もありません。
それに気にする余裕もないくらい頻回にする場合も
ありますから、長い目で見守ってあげましょう。