ゴックン期、もぐもぐ期、カミカミ期、パクパク期の離乳食の進め方

離乳食の進め方を段階別にご紹介

赤ちゃんの離乳食は段階的に進めていきます。
しかし難しく考える必要はありません。

赤ちゃんもお母さんも楽しみながら進めていきましょう。

生後5〜6か月頃(ゴックン期)はこうして進めよう

生後5か月を過ぎたら
そろそろ離乳食のスタートを検討してみましょう。

大人の食事に興味を示すようになったり、
食べているのを見て口をもぐもぐさせたり、
よだれが増えてきたらはじめ時です。

最初は1日1回、朝の授乳の前が良いですが、
やむを得ない場合は午後でも大丈夫です。

できるだけ決まった時間に食べさせるようにします。

しかし、絶対に1日1回食べさせないといけない!
というわけではありません。

赤ちゃんの機嫌が良くない時や
体調がすぐれない時は無理に進めることはないのです。

お母さんがイライラせずに、
ゆったりとした気持ちでいるようにしましょう。

数日離乳食を食べなくても大丈夫です。
母乳やミルクの方を欲しがればたっぷりあげてください。

この時期はなめらかにすりつぶしたものを与えます。
つぶしがゆから始めて、それから野菜のすりつぶしたものも試してみましょう。

これらに慣れてきたら白身魚やつぶした豆腐、
卵黄などにもチャレンジします。

赤ちゃんはいきなりミルク以外のものが
口に入ってくるとびっくりしますので、
ほんの少しだけ口に入れてあげましょう。

べーっと吐き出してしまうようなら、
下唇の上に少しだけ食べ物を乗せてあげるようにしましょう。

1口、2口食べたらそれで良しとして、
徐々に量を増やしていくと良いです。

始めてから1か月を過ぎたら午前と午後の2回にします。
午前中には新しくチャレンジするもの、
午後は食べ慣れたものにすると比較的うまくいきます。

回数を1回から2回にするだけで、
形態は変わらずなめらかにすりつぶした状態のままです。

そして徐々に食事の量と種類を増やしていきましょう。
この時期はまだ離乳食からではなく、
母乳やミルクから栄養を摂ります。

そのため、離乳食が思うように進まないと
気にすることはないのです。

母乳育児をしている場合は、
生後6か月頃になると鉄分が不足しがちになります。

離乳食に鉄を含む食品を加えたり、
ミルクを使って離乳食を作るなどして鉄分を
しっかり補えるようにします。

この時期のおすすめメニューは、
10倍がゆ、にんじん、白身魚、
豆腐などがおすすめです。

おかゆは丁寧にすりつぶしましょう。
慣れてきたらつぶが少々入っても大丈夫です。

ニンジンはやわらかくゆでてだしやお湯でゆるめます。
他にはかぼちゃなどや大根、かぶなどが良いでしょう。

白身魚でしらすを使う場合は塩抜きしてゆでてすりつぶし、
とろみをつけます。

卵を使うなら固ゆでにして卵黄のみを与えるようにしましょう。

生後7〜8か月頃(もぐもぐ期)の離乳食はどんな方法で進めるか

生後7か月頃になるともぐもぐ期と
いって上あごと下あごで食べ物をつぶすことを
覚える時期になります。

初期のゴックン期で上手に
飲み込めるようになってきたら、
進めるようにしましょう。

ゴックン期は2回目の食事は少なめに
していましたが、もぐもぐ期では1回目も
2回目も同じ量にします。

そしていろんな味が楽しめるよう、
食品の種類を増やします。

お肉や乳製品にもチャレンジしてみると
良いでしょう。

この時期はまだ離乳食後の
授乳でも栄養を摂っていますので、
母乳やミルクは欲しがるだけあげればOKです。

もぐもぐ期に進む目安は、
離乳食を喜んで食べている、
上手にごっくんできている、
離乳食を見ると手を伸ばしてくるなどの
様子が見られればスムーズに移行できるでしょう。

食べ物の固さは、舌でつぶせる程度(豆腐くらい)にします。
生ものはダメですから、必ず火を通したものを用意しましょう。

とろみをつけると飲み込みやすくなります。
調味料については、少しの塩やしょうゆ、みそが使えますが、
素材の味を覚えさせるためにもダシを
使って風味付けをすると良いです。

食べ慣れた食材はどんどん食べてくれるでしょうが、
初めての食材は様子を見ながらあげてください。

最初は1日1回、1さじずつから始めます。
ですからあまりたくさん作り過ぎないようにしましょう。

ゴックン期に食べていたものに加えてスパゲッティやマカロニ、
サトイモ、コーンフレークといった炭水化物、
ピーマンやアスパラガス、のり、みかん、
ぶどうなどのビタミン、ミネラル類、鮭や鱈、鶏
肉、ツナ缶、全卵、納豆、ヨーグルト、チーズなどの
たんぱく質などがおすすめです。

おすすめメニューは、ツナと野菜を入れたおかゆ(7倍がゆ)、
煮りんごなどはいかがでしょう。

おかゆは最初は7倍がゆから始め、
後半になってきたら5倍がゆにしていきます。

くれぐれも嫌がって食べないのを
無理に口に入れたりしないでください。

食べなかったらその時はさっと
片付けるようにしましょう。

せっかく頑張って作ったのに
食べてくれなかったらショックという
お母さんの気持ちもわかりますが、
無理やり食べさせて食事自体が苦痛の時間に
なってしまってはいけません。

今日食べなくても次の日には
ペロッと食べてくれることもあるので、
気長にゆっくりと進めていきましょう。

1さじあげるごとに、「おいしいね〜」などと
声かけをしながらお母さんも楽しみましょう。

生後9〜11か月頃(カミカミ期)の離乳食の内容と進め方

生後9か月頃からは3回食へと進みます。
できるだけ家族と一緒に食卓を囲むようにし、
みんなで「おいしいね」などと話しながら
食べると赤ちゃんもよく食べてくれます。

この頃になると「自分で食べたい」という
欲求が出てきますから、手づかみ食べや多少の
食べこぼしは目をつぶっておおらかな気持ちで進めていきましょう。

1日3回食になりますが、赤ちゃんの夕食は
できれば午後6時頃までに済ませたいところです。

あまり夜遅くならないように配慮してください。
この時期になると、大人の食事から取り分けができます。

味付けする前に取り分けたり、
薄味のものならそのまま与えたりすることができるので、
かなりお母さんは楽になります。

赤身魚や青魚、赤身肉、海藻なども試していきましょう。
手づかみ食べもするようになるので、野菜スティックなどを
用意すると良いです。

食べこぼしも増えるので、
汚れてもいいようにテーブルの下に
シートを敷くとか、片付けやすくしておくと
イライラしません。

コップの練習も始めますから、
最初は手助けしてあげながら飲ませてあげてください。

母乳については、まだ欲しがるだけあげてあげて構いませんが、
鉄分が不足しがちになるので鉄分を含んだ食材を
食事に取り入れたり、フォローアップミルクを飲ませると良いでしょう。

この時期になるとおやつをあげることがあるかもしれません。
おやつは果物や幼児用のせんべいや
ビスケットなどにし、喉を詰まらせたりしないように必ず
大人の目が届くところで食べさせてください。

また、食事の妨げにならないよう、
適量を与えるようにしましょう。

食事の固さは、バナナくらいを目安にしてください。
歯ぐきでつぶせる程度、手づかみもできる程度が
ちょうどいい固さです。

この時期に新たに食べられる食材は、
ホットケーキや春雨、ロールパン、
野菜、果物は柔らかくすればほとんどOK、
わかめなどの海藻もOKです。

青魚や赤身肉、レバー、大豆も
食べて大丈夫です。

スプーンで食べさせてあげても良いですが、
自分で手づかみで食べたがれば食べさせても良いでしょう。

手の込んだものを作る必要はありません。
おかゆと野菜や魚をスープで煮たもので十分です。
あまり頑張りすぎると疲れるので
市販の離乳食なども上手に利用すると良いでしょう。

生後12〜18か月頃(パクパク期)の離乳食はどう進める?

満1歳を過ぎると大人とほとんど
同じものが食べられるようになります。

そして、必要な栄養も食事からとれるようになってきます。
手づかみ食べが激しくなる頃ですが、
手に持ちやすいように切ってあげるなどの工夫をしましょう。

手づかみ食べや、スプーンやフォークも
使いたがるようになればパクパク期へと進んでも大丈夫です。

大人と同じ食事が食べられますが、
味付けはまだ子どもには濃いので、
大人の食事から取り分け、さらに煮込んでやわらかくしたり、
薄味にしてあげるようにしましょう。

固さは歯ぐきでかめるくらいで、
一口大の大きさが良いです。

とろみをつけてあげると
飲み込みやすいのでおすすめです。

スプーンやフォークを自分で使って
食べる時は、必ず大人が見守ってあげてください。

口の中に押し込み過ぎると危険なので
気を付けましょう。

食事は3回ですが、もしそれで足りないようなら
おやつを1日に1〜2回与えます。

パンやおにぎりだとエネルギーに
なるのでおすすめです。

母乳やミルクは飲ませても良いですが、
飲む量が減ってきたら食事をメインにしていき、
フォローアップミルクをコップで1日400mlくらいを
与えると栄養バランスが良くなります。

また、牛乳も飲み物で与えても大丈夫です。
この時期になると、食べやすくすればどの食材でも
OKになります。

ハムやソーセージも良いのですが、
添加物や塩分が少ないものを選んでください。

この時期の理想的な離乳食のあげ方は、
朝食、おやつ、昼食、おやつ、夕食になります。

メニューは、ごはん(軟飯)、みそ汁、おかずが基本です。
豪華なものを作る必要はありません。

栄養は食事からとるようになり、
卒乳していくようになります。

離乳食期間は、食事は楽しいもの、
おいしいものだということを教えてあげる時期になります。
あまり頑張り過ぎず、余裕を持って進めていくようにしましょう。

時間の余裕のある時に下ごしらえだけしておき、
小分けして冷凍保存しておくと便利です。

おかゆや下ゆでした野菜、肉、魚などは冷凍できますので
時間を上手に使って離乳食の時期を乗り切りましょう。

1歳の食事はこちらの記事もどうぞ

1歳児の食事の時間やメニューとは?食べない赤ちゃんの対処法も