新生児のげっぷはいつまで?出ないときはコツを使って出させよう

授乳の後にママが赤ちゃんの
背中に優しくトントンと
刺激を与えることで、
赤ちゃんがげっぷを出す様子を
見たことがある方は多いでしょう。

実際にやってみると意外に難しく、
何度やってもちゃんとげっぷが
出ない赤ちゃんもいます。

吐き戻しなどを予防するために
げっぷのサポートは必要ですが、
げっぷが出ない場合も多いので
無理をする必要はありません。

げっぷをさせる理由と出ないときに起こる可能性がある問題

授乳後の新生児には
どうしてげっぷをさせる
必要があるのでしょうか。

またげっぷをしなかった場合には
何か不都合が出てくるのでしょうか。

新生児にげっぷをさせるのは飲みこんだ空気を出させるため

赤ちゃんは授乳の時に、
母乳やミルクと共に空気も
一緒に飲みこんでいます。

とくに哺乳瓶を使うときは、
構造上哺乳瓶の中に空気が
入り込むようになっているために、
必ず空気も一緒に飲みこむのです。

ママのおっぱいから授乳をするときは、
哺乳瓶で飲むときにくらべると空気が
入る量は少ないのですが、吸い方が上手ではない
新生児期はママのおっぱいからの授乳時でも
空気を飲みこみやすい特徴があります。

げっぷをだすとこの飲みこんだ空気が体の外に出て行くのです。

げっぷをしないと吐き戻しやすくなる


授乳の時に母乳やミルクと一緒に飲みこんだ空気は、
肺ではなく胃に送られます。

赤ちゃんの胃は大人とは構造が異なり、
逆流しやすい形になっています。

母乳やミルクにくらべると、
空気は赤ちゃんがちょっと身動きを
したときに外に出ようとして胃を逆流しますが、
このときに胃にたまっている母乳やミルクも
一緒に逆流し吐き戻しが起こります。

げっぷをしないと吐き戻しやすくなるのです。
授乳後にげっぷをさせると胃から空気が無くなるため、
空気の逆流が起こりにくくなるため吐き戻しも減らせます。

空気が胃にたくさんあるとお腹が苦しくなる

げっぷをせずさらに吐き戻しもしないで
胃に空気が溜まった状態になると、
空気でお腹が圧迫されるため苦しくなる
ことがあります。

また、空気がたくさん入ると
母乳やミルクが入る量がへり、
授乳量が減る原因にもなります。

新生児期の赤ちゃんは
まだ自分ではげっぷを出すことが
できないため、お腹の中の空気を
出すためのサポートが必要なのです。

赤ちゃんの身動きが増えれば自然と空気が排出されるようになる

新生児期は身動きが少なく、
赤ちゃんは自分では空気を外に
排出させることができないため、
げっぷを出すためにはサポートが必要です。

ですが、徐々にサポートをしても
げっぷが出なくなっていきます。

では赤ちゃん特有のげっぷは
いつまで続くのでしょうか。

3〜4カ月くらいにげっぷが出なくなってくる

生後3〜4カ月くらいになると、
赤ちゃんは母乳やミルクを上手に
飲めるようになり、授乳の時に飲みこみ
空気の量は減ってきます。

授乳後げっぷを出すためのサポートをしても、
あまりげっぷが出なくなるのがこのころです。

げっぷを出さなくても吐き戻しをすることが
ほとんどなければ、そろそろげっぷのサポートも
終わりにしてもよいでしょう。

5〜6カ月くらいになると自分でげっぷができるようになる

生後5〜6カ月くらいの赤ちゃんは、
身動きが激しくなり寝返りやお座りも
行うようになってきます。

サポートがなくても身動きをするときに
自然と自分でげっぷをすることも増えていきます。

さらに、筋肉も発達していくため、
胃の中のものが逆流を起こし吐き戻すことも
減ってきます。

授乳後苦しそうな様子がない、
げっぷを出したいのに出せないと
いった様子がない場合には、
げっぷのサポートは終わりにしてもよいでしょう。

げっぷのサポート方法は赤ちゃんによっても異なる

授乳後に赤ちゃんを縦に抱っこして背中を
トントンと刺激をすればげっぷが出るイメージを
持つ人は多いですが、実際には赤ちゃんによっては
このようなサポートではげっぷが出ないことがあります。

もしげっぷが出ないときにはいくつかの方法を試すとよいでしょう。

縦抱っこで行うげっぷ


赤ちゃんの顔がママの顔と同じくらいの高さになるよう赤ちゃんを縦抱っこで抱え上げ、赤ちゃんのあごがママの肩に乗るようにします。胃まで入っていない母乳やミルクが出てくることがあるため、ママの方にはタオルやガーゼを肩に敷いておくのがコツです。

赤ちゃんのお尻を片手でしっかりと支え、もう片方の手で赤ちゃんの背中に優しく刺激を与えます。

座らせて行うげっぷ

片手を赤ちゃんの脇にいれて上半身を起こすように
ママの膝の上に赤ちゃんを座らせます。

沐浴時に背中を洗う時の体勢と同じです。
疲れているときは縦抱っこで行うよりも安定性があり、
楽に行えるでしょう。

うつ伏せにして行うげっぷ


赤ちゃんのお腹を下に向け、
ママの太ももの上にうつ伏せにして
げっぷをさせる方法もあります。

赤ちゃんの体重でお腹が圧迫されるため、
げっぷが出にくい赤ちゃんでも出しやすい
特徴があります。

胃と食道の境目は背中の方を
向いているため、吐き戻しもしにくい体勢です。

ポイントは叩くのではなく優しく刺激を与えること


赤ちゃんのげっぷのサポートというと、
背中をトントンと叩くイメージを持つかもしれませんが、
叩くのではなく優しく刺激を与えるようにします。

母乳やミルクに比べ、空気は自然と上方向にたまるため、
胃の中で混じり合った空気を刺激により上に溜めて排出するよう
促すのが目的です。

背中を下から上に向かってさするのも
おすすめの方法です。

無理に出させなくても問題はないので神経質にならないで

赤ちゃんはげっぷ以外でも、
お腹にたまった空気を出すことができます。

それはおならだったり泣いたときだったり、
しゃっくりをしたときなどで、げっぷをしないからと
いって必要に出るまでサポートする必要はありません。

げっぷが出ないまま赤ちゃんが寝てしまった時は、
体と顔を横向きになるよう寝かせるとよいでしょう。

このとき体の右側が下に来るようタオルを丸めて
背中に置くなど工夫をします。

母乳育児の場合は哺乳瓶を使う場合より
げっぷは出にくいものです。

焦らず今回は出るかなと言うくらいの
気持ちでサポートするとよいでしょう。